2013年08月27日 パシフィック・リムる

この記事を読むのに必要な時間は 約 3 分 7 秒 です。

パシフィック・リムを観てきました。TwitterのTLをみていると、オッサン連中の評価が非常に高かったので、自分も観ておこうということでこの映画を選びました。

「観るなら近場で3D吹替版」ということで立川のシネマ・ツーにしました。余談ですが、私は好きな俳優さんが出ていたり余程拘りがある時を除いて、外国語の映画は吹替版で観るようにしています。英語は中学2年で挫折し全く判らないし他の外国語はなおさらですので、どうしても字幕ばかりを追ってしまい映像を観ることがあまりできないからです。気に入った映画は、後日字幕版でもう一度観たりDVDやBDを買ったりしています。と偉そうなことをいっても、映画館では映画サービスデーに年に数回程度観るだけですけどね。

立川のシネマ・ワンとシネマ・ツーでは、シネマシティズンという年間1,000円の会員制度があり、これに入ると平日は1,000円、土日祝日は1,300円(共に3Dは+400円)で観ることができます。3Dの通常料金は2,200円。これがシネマシティズンだと1,400円ですので、迷わず事前に会員登録しチケットを予約しました。1年の間でもう一度観に行けば元が十分取れますからね。

鑑賞券と3Dメガネ

で、どうなのよというはなし。

ネタバレ的な内容は書きませんが、一応「More」しときます。

と思ったらこのテーマ、Moreに対応してないみたいなので、取り敢えず改行で開けておきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterでもつぶやいたのですが、昔、ゴジラとガメラとマジンガーZとライディーンが好きだったオッサンは絶対観るべきです。「全米が泣いた」的な映画では一つもないので、感動を求めている人は泣けませんw。まぁ、何箇所かホロッとくるところはありますがね。

結構細かいとこは突っ込みどころ満載なのですが、とにかく、ロボットと怪獣をよくここまでリアルに動かし戦わせてくれたなと感心しました。ロボットが戦いとともにどんどん壊れていくところも、よくできてるなと思いました。

あとは、芦田愛菜ちゃんの演技が凄いです。大人たち完璧にくってましたw。ある意味、一番強い怪獣は愛菜ちゃんだったのかもしれませんw。愛菜ちゃんのシーンを撮ったのが2年前だそうで、その後にも邦画にいろいろと出ています。恥ずかしながら愛菜ちゃんが出ているドラマ・映画は「南極大陸」しか観たことなかったので、今度DVDでも借りて他のを観てみようと思いました。あ、あと、菊地凛子がかっこよかったですw。

多分後数日で上映終了してしまうと思うので、少しでも興味がある人は観ておいた方がいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

カレンダー

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

StatPress

  • このページのトータル訪問数:408
  • 今日の訪問数: 49
  • トータル訪問数: 30353
  • オンラインの訪問者数: 1
Top